MENU

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ活サイトBEST5
パパ活のプロから学んだ優良サイト

 

 パパ募集をしなければならない状況になってしまい、本当に焦りを感じてしまっていたのでした。
私は高校卒業とともに、大阪の北新地で高級クラブのホステスとして仕事を始めました。
進学をするほど勉強が好きでもありませんでしたし、ホステスの仕事だったら自分でもできるかもしれないという気持ちがありました。
自分で言うのもなんなんですが、見た目だって悪くはないと思っています。
男性の受けもいいから、このような仕事は絶対にうまくいくという気持ちがありました。
無事に高級クラブで仕事を始めることができるようになって、高校を卒業した自分にも毎月の月給が70万円という金額だったのです。
やっぱり自分にはこの仕事は向いている、そう思いながらも楽しく仕事をしていました。
私が仕事をするようになってからすぐにたびたびお店を訪れるようになってくれた55歳の男性がいました。
私の年齢的な部分もルックス的な部分も随分と気に入ってくれた様子で、しょっちゅう私に会いにクラブに通ってくれたのです。
彼は私にささやくように、愛人にならないかと言い続けてきました。
初めはやんわりとお断りを入れていたのですが、月に4回程度関係持ってくれたら70万円支払っても構わないなんて言ってくれたんです。
愛人契約を結んで男性に囲ってもらう生活を始めることができました。
仕事をするよりもはるかに楽だし、たった4回拘束で大金を手にすることができるために止められない状態になっていたのです。
しかし、この関係が奥さんに発覚してしまって、契約を解消する事になってしまったのです。
突然収入源を断たれることになってしまって、これからどうしようという気持ちになってしまいました。
愛人という美味しい生活をしていただけに、今更クラブに復職すると言う事はとても考えられなかったのです。

やはり愛人として生きるしかないと思って、インターネットで検索をしたところ、面白い情報を得られました。
そこにはパパの作り方が書かれていたのです。
インターネットを使ってパパ活をすればパパをみつける事ができるというものでした。
再び愛人生活を送っていくためにも、インターネットの利用は必要不可欠な状態になっていたのでした。
愛人募集をするようなお金持ちの男性を探すために、活動することにしました。

 

 愛人として囲われる生活と言うのは、仕事をするよりもずっと楽なものです。
一度この味をしめてしまうと、再びホステスとして復職すると言う事はとても考えられませんでした。
これからもプロの愛人として生活をしていきたいという気持ちもありましたから、インターネットに書かれていた通りにパパ活をしてみようと思ったのでした。

 

 

名前:畠田 海七
性別:女性
年齢:20歳
プロフィール:
 高校を卒業してすぐ高級クラブでホステスとしての仕事を始めました。
そこでお客さんとしてたびたび訪れてくれた55歳の会社社長に気に入ってもらい、囲って貰う生活が始まったのです。
当時高級クラブでは月給70万円をもらっていましたが、その金額を支払うからと仕事を辞めることになりました。
この生活も続くかと思っていましたが、2年で破局を迎えてしまったのです。